Study record

未経験2児ママのプログラミング勉強記録

Javascript_lll if文

条件分岐

ある条件が成り立つときだけある処理を行うこと。
if文を用いると「もし○○ならば●●を行う」という条件分岐が可能になる。

if文の書き方

ifの後ろに条件式を書き、それが「成り立つ」場合の処理を{ }の中に書く。

if (条件式) {
    条件式が成り立った場合処理を実行
}

(例)

const number=12;
if(number>10){
 console.log(“numberは10より大きいです”)
}

↓条件が成り立ち処理が実行される
numberは10より大きいです

真偽値

条件式は、

  • 成り立つと「true」
  • 成り立たなければ「false」

という真偽値に置き換わる。

比較演算子

条件式に使った「>」は比較演算子と呼ばれる大小比較の記号のこと。

<大小を比べる>

  • a < b … aはbより小さい
  • a <= b … aの方が小さい または等しい
  • a > b … aはbより大きい
  • a >= b … aの方が大きい または等しい
等価演算子

比較演算子には、左と右の値が等しいかを調べるものもある。
「a == b」はaとbが等しければtrue、等しくなければfalse。「a != b」はその逆。

<等しいかを比べる>

  • a == b … aとbが等しい
  • a != b … aとbが異なる
厳密等価演算子

厳密等価演算子を使うと、文字列「"12"」と数値「12」を異なるデータとして扱うことができる。

<厳密に等しいかを調べる>

  • a === b …aとbが厳密に等しい
  • a !== b … aとbが厳密に異なる

条件が成り立たない場合の処理

else

if文に「else」を組み合わせると「もし〇〇なら●●を行う、そうでなければ■■を行う」という処理ができるようになる。if文の条件がfalseの場合、elseの処理が実行される。

if(条件式){
	条件が「true」の時の処理
}else{
	条件が「false」の時の処理
}

(例)

const number = 7;
if(number > 10){
	console.log(“numberは10より大きいです”)
}else{
	console.log(“numberは10以下です”)
}

else if

ifとelseの間に「else if (条件)」を追加することで、if文に条件分岐を追加することができる。

if(条件式1){
	条件式1が「true」の時の処理
}else if(条件式2){
	条件式1が「false」、条件式2が「true」の時の処理
}else{
	どちらの条件式も「false」の時の処理
}

(例)

const number=7;
if(number>10){
	console.log(“numberは10より大きです”)
}else if(number>5){
	console.log(“numberは5より大きです”)
}else{
	console.log(“numberは5以下です”)
}


numberは5より大きいです

Javascript_ll テンプレートリテラル

テンプレートリテラル

テンプレートリテラル(テンプレート文字列)とは、文字列の中に変数や定数などを埋め込んだり、改行を入れたりすることができるようにして、文字列の扱いを楽に便利にできる構文のこと。

書き方

  • 文字列の中で「${定数}」とすることで、文字列の中に定数や変数を含めることができる
  • 文字列全体をバッククォーテーション(`)で囲む
  • 複数の変数や定数を埋め込むことも可能
const name=“にんじゃわんこ”;
const age=“14”;
console.log(`${name}${age}歳です`)


にんじゃわんこは14歳です

Javascript_l console.log/変数/定数

console.log

JavaScriptの標準的な実装に組み込まれている機能の一つで、実行環境に用意された文字による入出力画面(コンソール)に指定された文字列を出力(表示)するもの。

基本的な書き方

//「Hello World」と出力される
console.log(“Hello World”);



Hello World

console.log(5 + 2);

↓ 足し算の結果である7が出力される
7

console.log(“5 + 2”);

↓ 文字列と解釈されそのまま出力される
5 + 2

掛け算「*」、割り算「/」

console.log(5 * 2);


10

console.log(6 / 3);


2

余りの計算「%」

console.log(9 % 2);

↓ 9割る2は、4余り1
1

変数

変数とは、さまざまな文字列や数値を入れておく箱とイメージするとわかりやすい。
その箱に便宜上の名前(変数名)をつけ、中身のデータの代わりに変数名を書き入れ使い回すことで、同様の処理が簡単におこなえるようになる。

  • 同じ値を繰り返し使える
  • 変更に対応しやすい
  • 値の意味がわかりやすい

定義

変数は「let 変数名 = 値」として定義する。
プログラミングの「=」は「等しい」という意味ではなく、「右辺を左辺に代入する」という意味。
「let」は「これから変数を定義します」という宣言で、その後ろに変数名を書き、値を代入する。

//let...変数の宣言
//name...変数名
//John...代入する価

let name = “John”;

使い方

「"John"」という値が代入された変数nameを出力すると、「"John"」という値が出力される。
変数を使うと変数の部分は代入した値に置き換わる。

let name = “John”;
console.log(name);


John

命名ルール

変数名は自由に決めることができるが、できるだけ分かりやすい名前をつけるようにする。
また、ES6では変数の名前にいくつかのルールがある。(数字開始はエラーがでる。日本語やローマ字も望ましくない。)

  • number…◎英単語を用いる
  • oddNumber…◎2語以上の場合は大文字で区切る

更新

変数は一度代入した値を変更することができる。
一度値を代入した変数に、その後再び値を代入すると、後に代入した値で変数の中身が上書きされる。
定義する時と違って「let」は必要なく、「変数名 = 新しい値」と書く。

let name = “John”;
console.log(name);

name=“kate”;
console.log(name);


John
kate

変数自身を更新

(例)すでに定義している変数numberの値に3を足したいというときは...
numberに3を足して、再びnumberに代入することで実現できる。
「=」の右側のnumberは値に置き換わり、計算された結果が左のnumberに代入される。

let number=2;
console.log(number);

//numberに3を足す
number=number+3;

//再びnumberに代入する
console.log(number);


「number = number + 10」の省略した書き方

定数

定数とは、一度指定すると変更する事ができない値のこと。なので変数のように変数の値を上書きする事ができない。

<メリット>
値が変わらないためエラーを防ぐ事ができる

<デメリット>
上書きができないという点は自由度が減る

定義

定数は「const 定数名 = 値;」として定義する。

//const…定数の宣言
//name=定数名
//John…代入する値

const name=“John”;

HTML/CSS_lll レスポンシブデザイン

Media Queries(メディアクエリ)

ブラウザの画面サイズに応じてCSSのスタイルを設定できるMedia Queries(メディアクエリ)という手法を用いて、様々なデバイスや画面サイズに合わせてコンテンツのレイアウトを調整する。

書き方

  • @media (条件) { .... } :指定された条件が当てはまるときにのみ{ }内のCSSが適用される
  • headタグ内にviewportを設定する

条件

  • max-width:○○px:○○pxまで
  • min-width:●●px :●●pxから
ブレイクポイント

デザインが切り替わる画面幅のポイントをブレイクポイントと呼ぶ。
max-width: ◯◯px(またはmin-width: ◯◯px)のようにメディアクエリの条件を指定するとき、「◯◯px」の部分。

<端末別画面サイズ>

<一般的なブレイクポイント>

<head>
<meta name=”viewport” content=”width=device-width,initial-scale=1.0″>
</head>
/* 480px以下の場合h1はgreenになる */
@media (max-width:480px) {
  h1{
      color:green;
    }
}

HTML/CSS_ll

opacity

要素の中身全てを透明にする

rgba

背景色のみを透明にする

rgbaは4つの値をコンマ(,)区切りで入れる。
4つ目の値が透明にする度合いで、0 ~ 1の数値で指定する(値が小さいほど透明になる)。

/* 0.5が透明度 */
.box{
   Background-color:rab(255,147,30,0.5);
}

rgb

rgbは色の指定の仕方の1つで、3つの値の組み合わせで表示する色を決める。
色を指定するときは今まで使用してきた#ffffffのような記法を使ってもrgbを使っても構わない。

/* 以下は同じ色 */
.box{
   Background-color:rab(255,147,30);
}
.box{
   Background-color:#ff931e;
}

transitionとhover

transitionを使うと「変化の対象」や「変化にかかる時間」などを指定しアニメーションをつけることができる。
「変化の対象」にはcolorなどのプロパティを指定するが、allを指定すると全てのプロパティに適用出来る。

/* all=変化の対象,1s=変化の時間 */
Div{
Transition:all 1s;
}
Div:hover{
 Background-color:red;
}

position: absolute;

HTMLの要素同士は通常重なって表示されることはないが、position: absolute;を使うと、要素同士を重ねて表示することが出来る。
サイト全体の左上部分を基準とし、そこからの位置をtopleftを用いて指定する。また、rightbottomを併用することも可能。

:active

セレクタactiveを用いることで、要素がクリックされている間だけCSSを適用することができる。
セレクタ:activeというように指定する。

画面上に要素を固定する

position: fixed;を使うと、常に要素を画面上の指定した位置に固定させておくことができる。
位置は、topleftrightbottomを使って指定する。

<img src=“aaa.png”
    class=“fixed-img”>

.

.fixed-img{
        position:fixed;
        top:10px;
        left:40px;

要素の重なりの順序を指定する

  • z-indexプロパティは、要素の重なりの順序を指定する。
  • z-indexは整数値で指定し、値が大きいほど上に表示される。
  • z-indexプロパティは必ずpositionプロパティと併用する必要がある。


 /* <header>のpositionプロパティをfixedに、topを0に指定→固定 */
header {
  position:fixed;
  top:0;
  
  /* z-indexを10に指定→最前面 */
  z-index:10;
}

HTML/CSS_ll ボタン

Progate「HTM &CSS中級編」ボタン作成時に覚えておきたいポイントがあったのでメモしておく。

インライン要素

  • aタグなど
  • width・height:指定できない
  • margin・padding:左右のみ指定できる
  • 配置:横並び

ブロック要素

  • width・height:指定できる
  • margin・padding:指定できる
  • 配置:縦並び

インラインブロック

ブロック要素とインライン要素の特徴を併せ持つ。

  • width・height:指定できる
  • margin・padding:指定できる
  • 配置:横並び

display

aタグは初期状態でインライン要素になっているが、displayプロパティを使うと、インラインブロック要素に変更することができる。
displayプロパティはblock(ブロック要素), inline-block(インラインブロック要素), inline(インライン要素)を指定することができる。

クリック時にボタンがへこんで見えるようにする

  • box-shadowを
noneにする
  • position: relative;と
topによって影の分だけ位置を下げる

.

/* messageクラスのボタンをクリック時にへこんで見えるように */
.message:active{
  box-shadow:none;
  position:relative;
  top:7px;
}

HTML/CSS_l

Progateで「HTM &CSS 初級編」をした。見返したいポイントがあったのでメモしておく。

class

要素にはclassを使って名前をつけることができる。classをつけることにより、それぞれの要素を識別し別々のCSSを適用することができる。
class名でCSSを指定する場合、先頭に「.」が必要なので注意する。

    <div class="header"> </div>

.

    .header {
      background-color: #26d0c9;
      color: #fff;
      height: 90px;
 }

ブロック要素・
インライン要素

HTMLの要素には、改行される要素と改行されない要素がある。

前後で改行が入り、親要素の幅一杯に広がる要素をブロック要素という。

  • ブロック要素:div要素、h1要素、p要素
  • インライン要素(改行されない要素):span要素、a要素

paddingとmargin

  • padding:borderの内側の余白を作る
  • margin:
borderの外側に余白を作る
padding_margin

ボックスモデル

border, padding, marginは、ボックスモデルという概念に基いている。

HTMLの全ての要素には、border(初期状態では表示されない)があり、その外側の余白はmargin, 内側の余白はpadding。

input,textarea

  • input要素:1行のテキスト入力を受け取るための要素(終了タグが不要)
  • textarea要素:複数行のテキスト入力を受け取るための要素