Study record

未経験2児ママのプログラミング勉強記録

Javascript_V switch文

switch文を使った条件分岐

switch文は条件分岐のひとつで、式の評価結果に基づいて処理を分け、異なる処理を実行する構文。
複数条件がある場合は、if文よりswitch文を使うほうが、コードがシンプルになりやすいといったメリットがある。

基本構文

switch (式){
  case 条件1:
    式が条件1と一致する場合に実行する処理;
    break;
  case 条件2:
    式が条件2と一致する場合に実行する処理;
    break;
  case 条件3:
    式が条件3と一致する場合に実行する処理;
    break;
  default:
    式がいずれのcase文とも一致しない場合に実行する処理;
}

(例)

const n = 2;

switch (n) {
  case 1:
    console.log("大吉です");
    break;

  // nの値が2のcase
  case 2:
    console.log("吉です");
    break;  
  
  // nの値が3のcase
  case 3:
    console.log("小吉です");
    break;
}


吉です

default

switch文のどのcaseにも当てはまらない場合、default処理が実行する。
(例)

const n = 4;

switch (n) {
  case 1:
    console.log("大吉です");
    break;
  case 2:
    console.log("吉です");
    break;
  case 3:
    console.log("小吉です");
    break;
  // どのcaseにも合致しなかったときの処理
  default:
    console.log("凶です");
    break;
}


凶です