Study record

未経験2児ママのプログラミング勉強記録

Javascript_lll if文

条件分岐

ある条件が成り立つときだけある処理を行うこと。
if文を用いると「もし○○ならば●●を行う」という条件分岐が可能になる。

if文の書き方

ifの後ろに条件式を書き、それが「成り立つ」場合の処理を{ }の中に書く。

if (条件式) {
    条件式が成り立った場合処理を実行
}

(例)

const number=12;
if(number>10){
 console.log(“numberは10より大きいです”)
}

↓条件が成り立ち処理が実行される
numberは10より大きいです

真偽値

条件式は、

  • 成り立つと「true」
  • 成り立たなければ「false」

という真偽値に置き換わる。

比較演算子

条件式に使った「>」は比較演算子と呼ばれる大小比較の記号のこと。

<大小を比べる>

  • a < b … aはbより小さい
  • a <= b … aの方が小さい または等しい
  • a > b … aはbより大きい
  • a >= b … aの方が大きい または等しい
等価演算子

比較演算子には、左と右の値が等しいかを調べるものもある。
「a == b」はaとbが等しければtrue、等しくなければfalse。「a != b」はその逆。

<等しいかを比べる>

  • a == b … aとbが等しい
  • a != b … aとbが異なる
厳密等価演算子

厳密等価演算子を使うと、文字列「"12"」と数値「12」を異なるデータとして扱うことができる。

<厳密に等しいかを調べる>

  • a === b …aとbが厳密に等しい
  • a !== b … aとbが厳密に異なる

条件が成り立たない場合の処理

else

if文に「else」を組み合わせると「もし〇〇なら●●を行う、そうでなければ■■を行う」という処理ができるようになる。if文の条件がfalseの場合、elseの処理が実行される。

if(条件式){
	条件が「true」の時の処理
}else{
	条件が「false」の時の処理
}

(例)

const number = 7;
if(number > 10){
	console.log(“numberは10より大きいです”)
}else{
	console.log(“numberは10以下です”)
}

else if

ifとelseの間に「else if (条件)」を追加することで、if文に条件分岐を追加することができる。

if(条件式1){
	条件式1が「true」の時の処理
}else if(条件式2){
	条件式1が「false」、条件式2が「true」の時の処理
}else{
	どちらの条件式も「false」の時の処理
}

(例)

const number=7;
if(number>10){
	console.log(“numberは10より大きです”)
}else if(number>5){
	console.log(“numberは5より大きです”)
}else{
	console.log(“numberは5以下です”)
}


numberは5より大きいです